2000語以上の基本単語を収めたロシア語辞書、その他日本にあるロシアレストランの情報など。 Yahoo!カテゴリ[ロシア > エリアガイド]に掲載されました。
 ロシア ロシアの総合情報ポータル ぱるぱるロシア

since 2006.04.01


 HOME>ロシア料理
ロシア料理(русский готовить)

 ロシア料理(ロシアりょうり)は、旧帝政ロシアの宮廷料理から各共和国の民族料理までを含んだ幅広い料理である。しかし、厳密にロシアの料理といえるものはほとんどなく、多くはウクライナやカザフスタンなど他民族の料理である。しばしば「本当のロシア料理はシチーしかない」と揶揄される。

 ロシア料理の一般的な特徴として脂肪分が多くこってりした味付けのものが多いと言われることがあるが、これは恐らくウクライナ系の料理を揶揄してロシア人が「油っぽい」と言っていることに由来する。ロシア人は、ロシア料理を塩も使わず油も用いないヘルシーな料理であると自認している。

 ロシア宮廷料理は、17世紀末ごろにフランス宮廷料理人を招いて作らせたことから始まる。ただし、当時のフランス料理が多くの種類の料理を一度に供するスタイルだったのに比べ、ロシアでは寒冷地であったため、料理が冷めないよう順次に皿を供するスタイルとなった。これがフランスに逆輸入され、現在のコース料理の形式が成立した。

 前菜はザクースカと呼ばれ、キャビアを始めとして、ニシンの酢漬けやウナギの燻製などが有名である。

参考資料:ロシア料理/フリー百科事典『ウィキペディア』

主なロシア料理

 ピロシキ>>>
 ピロシキはロシアの伝統的な家庭料理であると同時に、ピョートル1世の時代から街中で売られている一般的な食べ物であり、現在ではファーストフード店でも売られている。 具も多種多様で、畜肉(挽き肉、レバー、脳など)、魚肉(サケ、チョウザメ、コクチマスなど)、ゆで卵、トヴォログ(Творог フレッシュチーズの一種)、米、カーシャ、ジャガイモ、茸、キャベツなどが用いられる。お茶のお菓子として、ジャムや果物を詰めた甘いピロジュキも作られる。間食とする他、コンソメやボルシチなど汁物に添えたり、朝と夜のお茶の時間に食べるのが一般的である。
 ピシャシリク>>>
 シャシリクに用いる肉はもともとはラムやマトンの腎臓や肉であったが、牛肉、豚肉、羊肉(ラムやマトン)、鶏肉、さらにはチョウザメなどの魚肉まで、さまざまな肉類で、地方ごと、あるいは宗教や伝統に応じて食べられている。レシピも多く、家庭に伝わる秘伝がある場合もある。 共通する特徴は、酢やワイン、オリーブオイルなどを混ぜたものに、ニンニク、タマネギ、黒胡椒、クローブなどの香辛料やハーブ、塩などを調味料として長時間漬け込んだものを用いるところ。旧ソ連各地では、ハイキングや野外パーティーなどで人気のあるご馳走として定番となっている。
 ボルシチ>>>
 ボルシチは、テーブルビートとタマネギ、ニンジン、キャベツ、場合によっては牛肉などの材料を炒めてから、スープでじっくり煮込んで作る。但し、スープの中身は決まっているわけではない。それ以外の具としてソーセージ、ハム、ベーコン、肉だんご、鶏肉などの肉類や魚のから揚げ、ズッキーニ、リンゴ、インゲンマメなどを使ったりもする。その地方ごとに十数種類以上のバリエーションがあるが、いずれもスメタナ(サワークリーム)を混ぜて食べることと、原料にテーブルビートを使用している点は共通している。
 ビーフストロガノフ>>>
 牛肉の薄切りとタマネギ、マッシュルームをバターで炒め、若干のスープで煮込む。 仕上げとしてサワークリーム(スメタナ)をたっぷりいれる。 煮込みの際にトマトを使うものと使わないものがあり、どちらがオリジナルかは説が分かれる。 バターライスや白飯、揚げたジャガイモと共に供される。 16世紀初頭にウラル地方で成功した豪商、ストロガノフ家の家伝の一品であったとされ、 19世紀帝政ロシアのストロガノフ伯爵のフランス人コック長が広めた。
 関連項目


スポンサードリンク


このサイトについて

お問い合わせ

相互リンク

広告掲載について

Copyright (C) 2006-2007 ぱるぱるロシア. All Rights Reserved.