2000語以上の基本単語を収めたロシア語辞書、その他日本にあるロシアレストランの情報など。 Yahoo!カテゴリ[ロシア > エリアガイド]に掲載されました。
 ロシア ロシアの総合情報ポータル ぱるぱるロシア

since 2006.04.01


 HOME>ロシアバレエ
ロシアバレエ (Russian Ballet)

 バレエ(Ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台で、もとはオペラの一部として発達した。そのため物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。

 ロシアではフランスの宮廷バレエが伝わり、1730年頃にはフランス人ジャン・バティスト・ランデによりサンクトペテルブルグにバレエ学校が創立された。フランスでロマン主義が衰退した19世紀後半、後進国であるロシアではロマンティック・バレエが踊り続けられており、その後独自の発展をした。ドラマ主体のロマンティック・バレエに、物語とは無関係のダンスシーンを取り入れたことから、クラシック・バレエ(古典主義のバレエ)と言う。

 1888年、サンクトペテルブルグ・マリンスキー劇場の監督であるウセヴィロジュスキーは、フランスから招いた振付家マリウス・プティパの振付けのもと、ピョートル・チャイコフスキーに「眠れる森の美女」の作曲を依頼した。この作品が1890年に上演、大成功をおさめると、続いて「くるみ割り人形」(1892年、振付:レフ・イワノフ、台本:マリウス・プティパ)、「白鳥の湖」(1895年、振付:レフ・イワノフ、マリウス・プティパ)が上演された。これらはチャイコフスキーの3大バレエと呼ばれる。

参考資料:バレエ/フリー百科事典『ウィキペディア』

 ロシアのメジャー・バレエ団

 ボリショイ劇場(ボリショイ・バレエ)>>>
 ボリショイ・バレエ団のレパートリーとしては、チャイコフスキーの三大バレエ(「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」)、ハチャトリアンの「スパルタクス」をはじめ、古典、新作を多く持つ。ソ連崩壊後の近年は、西ヨーロッパ諸国の作品を手がける傾向が見られる。
 マリインスキー劇場(キーロフ・バレエ)>>>
 ロシアの歴史的な劇場。スターリン時代に改名され、1934年から1992年までレニングラード・キーロフ歌劇場の名で知られてきた。著名な振付師マリユス・プティパらの活躍で、《白鳥の湖》や《眠れる森の美女》が初演されたのも当劇場においてである。
 ムソルグスキー劇場(レニングラード国立バレエ) >>>
 サンクトペテルブルグで生まれ、170余年の歴史と伝統を誇る名門劇場のバレエ団。芸術監督ボヤルチコフのもと、原典を丹念に研究した「白鳥の湖」「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」「ジゼル」などを中心に上演。エレガントで高貴な薫りを漂わせるコール・ド・バレエのアンサンブルの美しさは「世界最高のコール・ド・バレエ」と賞賛されている。

 関連項目


スポンサードリンク


このサイトについて

お問い合わせ

相互リンク

広告掲載について

Copyright (C) 2006-2007 ぱるぱるロシア. All Rights Reserved.